2020年1月14日の相場

※ドル円 5分足(200MA) クリックで拡大できます

1月14日の振り返り

東京市場

3連休明けの東京市場。

連休明けの日経平均は大体買われやすいですよね。

9時過ぎには日経平均が180円超上昇と24,000円台に乗せていることもあり

ドル円も110円のストップロスを巻き込んで上昇に弾みをつけました。

高値は110.20と昨年5月以来の高値。

110.10付近で売りを入れました。するすると110.20まで上がった時は

少し焦りましたが、デイトレですからまぁまぁ落ち着けと傍観。

そのあと下がってきたので、110.25にストップを入れて放置することにしました。

欧州市場

中国株式がマイナスで引けたことや買い意欲がいったん収まり

17時過ぎには109.87まで下落する場面もありました。

東京で取ったポジションも決済。結局110円前半~109円後半のレンジが

続くと思うので、しばらくはこの隙間で小銭を稼ぐ戦法で行きます。

NY市場

110円前後うろうろのドル円さん。

22:30の米CPIは予想よりも下回った結果となり

連れてドル円も下落するものの、大きな動きは出ず。

ただ、明け方4時前に一部通信社(笑)から

「米中貿易協議の第一段階合意にも関わらず、

米政府は対中関税を米大統領選挙後まで維持する」との報道が。

(本当かよ!ってかどこの一部通信社だよ!)

このヘッドラインにより110.10付近にいたドル円が

109.87まで落下。

長いひげをこさえて結局は110円前後まで戻っておしまいでした。

経済指標

重要指標はハイライトしています。

06:45 11月ニュージーランド(NZ)住宅建設許可件数
未定  12月中国貿易収支(予想:480億ドルの黒字、3175億元の黒字)

08:50 11月国際収支速報
経常収支(予想:季節調整前1兆4233億円の黒字/季節調整済1兆7768億円の黒字)
貿易収支(予想:1015億円の黒字)
14:00 12月景気ウオッチャー調査(予想:現状判断指数41.0/先行き判断指数46.8)
15:30 12月インド卸売物価指数(WPI、予想:前年比2.15%)
16:00 11月トルコ鉱工業生産(予想:前月比1.0%)
17:00 10-12月期南アフリカ経済研究所(BER)消費者信頼感指数(予想:▲8)
17:30 メルシュ欧州中央銀行(ECB)専務理事 講演
22:30 12月米消費者物価指数(CPI、予想:前月比0.3%/前年比2.3%)
     エネルギーと食品を除くコア指数(予想:前月比0.2%/前年比2.3%)
23:00 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁 討議参加
26:30 ビルロワ・フランス中銀総裁 講演
27:00 ジョージ米カンザスシティー連銀総裁 講演

15日4:30 デコス・スペイン中銀総裁 講演

ひとこと。

110円前後のレンジ相場はいつまで続くのでしょうか。

このレンジが長ければ長いほど、どちらかに抜けたとき

大きな動きが出ると考えています。

焦らずチャンスを待つ。

これもトレーダーにとっては大切な要素ですね。

↓良かったらシェアしてください♪

フォローお待ちしてます!