2018年6月29日の相場

※ドル円 5分足(200MA) クリックで拡大できます

6月28日の振り返り

東京市場

仲値付近で大きな売りが持ち込まれたようで
ドル円は109.95まで下押し。
しかし110円割れの達成感からかその後は
下値を切り上げる展開に。
東京市場の高値110.28を上抜けて110.34まで上昇しました。

欧州市場

欧州勢参入後も買い意欲は継続し
16時過ぎには110.41まで値を上げました。
昨日高値である110.49付近に並ぶ売り圧力に屈すると
上昇の勢いも失速し110.20レベルまで売り込まれました。
このまま110円をしっかり維持できるようであれば
さらなる上値追いの展開も予測されるため、
押し目買い目線に切り替えました。

NY市場

21:30 発表の1-3月期米GDPや前週分米新規失業保険申請数が
予想よりも弱かったことが市場に伝わると、市場発表後には 110.05 まで下押し。
しかし 110円割れが失敗すると一転して買いが強まり
欧州市場高値の 110.41 を上抜けるとストップを巻き込みながら
一時 110.64 まで上昇しました。

6月29日の相場戦略

押し目買い・戻り売り

今日はどちらもやっていきます。
どちらかを軸に考えようとも思ったのですが
本日は週末金曜日のため、ポジション調整の動きが
中心となりそうなため、あまり無理せず、下値の抵抗では買い
上値の抵抗では売りを臨機応変に行う予定です。

9時現在

上値は110.75付近に売り指値、
下値は110.05付近に買い指値を入れています。

本日の経済指標

重要指標はハイライトしています。

15:00 (独)5月独小売売上高指数
15:00 (独)5月独輸入物価指数
15:00 (南ア)5月南アフリカマネーサプライM3
15:45 (仏)5月仏卸売物価指数(PPI)
15:45 (仏)5月仏消費支出
15:45 (仏)6月仏CPI速報値
16:00 (ス)6月スイスKOF景気先行指数
16:00 (ト)5月トルコ貿易収支
16:55 (独)6月独雇用統計
17:00 (ノ)6月ノルウェー失業率
17:30 (英)5月英消費者信用残高
17:30 (英)5月英マネーサプライM4
17:30 (英)1-3月期英経常収支
17:30 (英)1-3月期英GDP確定値
18:00 (欧)6月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値

21:00 (南ア)5月南アフリカ貿易収支
21:30 (加)4月カナダGDP
21:30 (加)5月カナダ鉱工業製品価格
21:30 (加)5月カナダ原料価格指数
21:30 (米)5月米個人消費支出(PCE)・個人所得・PCEコアデフレータ
22:45 (米)6月米シカゴ購買部協会景気指数
23:00 (米)6月米消費者態度指数(ミシガン大調べ・確報値)

欧州連合(EU)首脳会議(ブリュッセル、最終日)
7月1日 メキシコ大統領選

本日もよろしくお願いします

本日で6月も終了です。
今月も難しい相場でしたが、プラスで終われそうでほっとしています。
中国と米国の貿易問題も未だに解決したわけではなく
来月も同じようなネタで振り回されるような気がします。

↓良かったらシェアしてください♪

フォローお待ちしてます!