2018年6月25日の相場

※ドル円 5分足(200MA) クリックで拡大できます

6月22日の振り返り

東京市場

東京市場は安値109.83高値110.06と
約23pipsの小幅な値動きに終始。
110円前後でもみ合いを続けており、
方向感の乏しい展開となりました。

欧州市場

欧州勢が本格参入するとドル円は
109.85から110.16まで一転上昇という荒い値動きに。
噂ではM&A絡みの買いが観測されたとの噂です。
(さらに109.85付近もサポートラインとして機能しており
そこが支えられたことも上昇に弾みをつける要因となったようです)

NY市場

出ました。
23時半過ぎにトランプ大統領が
「EU(欧州連合)からのすべての自動車に対して20%の関税を課す」
と大好きなツイッターで発言。
この影響でユーロ売りとなり、米長期金利の低下。
対ユーロ売りとなったことで、円買いが強まり
24時過ぎには109.79と本日安値を更新しました。
一服後も戻りは弱く110円に戻すことができないまま
109.85-90でNY終了。
トランプ大統領の発言も多少影響はあるかと思いますが
週末金曜日ということでのポジション調整の動きにより
戻りが弱かったと個人的には推察しています。

6月25日の相場戦略

戻り売り

朝方109.90で売って109.55でクローズしました。
ミドル付近がターゲットだったのでいい感じです。
この後ミドルを割れれば109.00も視野に入りますが
109円台の買いの厚さを考えると一筋縄ではいかなそうです。

トランプ大統領が中国企業が米ハイテク企業に投資することを禁じる計画を
立てているとWSJが伝えています。
米国市場ではこれが意識されそうですね。
トランプ大統領のツイートにも注目です。

本日の経済指標

重要指標はハイライトしています。

14:00 (日)4月 景気先行指数(CI)改定値
14:00 (日)4月 景気一致指数(CI)改定値
17:00 (独)6月 IFO企業景況感指数
23:00 (米)5月 新築住宅販売件数

本日もよろしくお願いします

ここ最近、少し忙しくてブログ更新がおろそかになっていました。
慣れないことをするのはとてもエネルギーがいりますね。
もう少し頑張らないといけないので、あとちょっと踏ん張っていこうと思います。

ちょうどトレードを教えて下さっている師匠とお話しする機会があったのですが
師匠でさえも「今の相場は難しい」とおっしゃっていました。
アルゴやAIの台頭によって、テクニカルなども効きにくくなっているそうです。
ですから、今思うように収益を上げられずに燻っている方も
いい意味で相場のせいにして、気持ちを切り替えて新たに頑張りましょう♪

↓良かったらシェアしてください♪

フォローお待ちしてます!