2018年5月28日の相場

※ドル円 5分足(200MA) クリックで拡大できます

5月25日の振り返り

東京市場

ドル円はオープン後にまとまった買い注文が入った影響を受け
10時半前には109.73まで上昇しました。
その後は利食い等により109.50台まで押し込まれるも底堅く推移。

欧州市場

欧州ではじわじわと上値が重くなりました。
109.58を付けましたが、ここをブレイクに失敗すると
売りが加速、
さらに「スペイン野党がラホイ首相への不信任動議を準備している」との報道により
ユーロ円が下落、ドル円も連れて109.11まで下押ししました。
英国3連休を控えたポジション調整もあったのかもしれませんね。

NY市場

109.11まで下落したドル円でしたが、
109円前半の買いに支えられたこと、
トランプ大統領が
「6月12日の米朝首脳会談の実現の可能性はまだある」
とツイッターで発言したことで109.50レベルまで切り返しました。
北朝鮮に書簡まで出してキャンセルを突きつけたはずなのに
なぜ開催すると発言したのか、意図がさっぱり分かりませんが
これによって地政学リスクが後退したとの見方があります。
(本当に開催するかは蓋を開けてみなければ分かりません)
26日朝6時に109.53から109.35まで急落していますが
仕掛けだと思います。薄商いを狙った動きでしょう。

5月28日の相場戦略

戻り売り

後だしで申し訳ありませんが
朝方の109.80で売って109.53で買い戻しています。
今日は米朝首脳会談が予定通り開催されるとの見通しで
ギャップアップだと思っていたので、
上値は売りたいと意気込んで早起きしていました。
現在は109.40台ですが、109円ミドルをしっかり超えても
売り圧力は強いと思いますので、引き続き丁寧に戻りを売っていきます。
(109.70に指値入れています)

本日の経済指標

重要指標はハイライトしています。

16:00 (仏)ビルロワ・フランス中銀総裁 講演

英国(スプリング・バンク・ホリデー) 休場
米国(メモリアルデー) 休場

本日もよろしくお願いします

トランプ大統領って何考えているんでしょうね。
こんなトップを選んだ国民はどう思っているのでしょうか。

6月12日まであと15日ほど日がありますが
まだまだ米朝首脳会談を開催する・しないで二転三転しそうですね。
気持ち悪いのが北朝鮮が「ミサイル撃つぞ」と脅さずに
下手なコメントを出したのが気になっています。
どちらの国も気分屋さんなので、引き続き振り回されないようにしたいですね。

また、本日は英国・米国が休場となるため午後からは薄商いとなります。
夜などは特に投機的な動きが顕著化してくると思いますので
無理してポジションを取らずに様子見姿勢でいきます。

↓良かったらシェアしてください♪

フォローお待ちしてます!