2018年5月18日の相場

※ドル円 5分足(200MA) クリックで拡大できます

5月17日の振り返り

東京市場

意識されている110.40付近に2回トライしましたが失敗、
その後「中国、一部の米国製品の輸入に相互課税を賦課へ」(一時報道)
とヘッドラインが流れたことで110.06まで売り込まれるも、
すでに4月に相互課税賦課が発表済みだったことが分かると反発。
さらにその後も日経平均の上昇を背景に上値を伸ばしました。

欧州市場

欧州勢は買いで反応。節目の110.40付近を
ストップを巻き込んで上昇し、110.73まで。
他の要因として米長期金利の上昇や、
「本邦実需勢から売りが観測された」といった指摘もありました。
下値も堅く、110.55が唯一の押し目といったところでした。

NY市場

21時半に発表された5月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
(通商フィリー指数)が市場予想を大きく上回ったことで
米長期金利が上昇、連れてドル円も欧州高値を超えて110.84まで。
その後も高値圏で推移して110.70レベルでNYを終えました。

5月18日の相場戦略

押し目買い

昨日の指値には全くひっかからず上昇。
ポイントポイントでスキャルをしましたが、
じりじりと上げる相場は私の苦手パターンの一つなので
無理せずトレードは控えめでした。

今日は110円ミドル付近まで来たら買いたいですが
NYタイムでは再び110円前半まで突っ込む可能性も
あるため慎重にトレードしたいと思います。

本日の経済指標

重要指標はハイライトしています。

15:00 (独)4月独卸売物価指数(WPI)
15:00 (独)4月独生産者物価指数(PPI)
16:00 (米)メスター米クリーブランド連銀総裁 講演
16:30 (欧)コスタ・ポルトガル中銀総裁 講演
17:00 (欧)3月ユーロ圏経常収支(季節調整済み)
18:00 (欧)3月ユーロ圏貿易収支(季節調整前)
21:30 (加)3月カナダ小売売上高
21:30 (加)4月カナダCPI
22:15 (米)カプラン米ダラス連銀総裁 講演
22:15 (米)ブレイナード米FRB理事 講演

18-21日 (露)4月ロシア鉱工業生産

本日もよろしくお願いします

ブログを書いているうちに、110.99を付けました。
(業者によっては111円ついているところもあるかもしれません)
昨日から上がりっぱなしなので一旦調整が入ってもおかしくありませんが
そう思っているうちはまだまだ上がるのが相場ですね。
ですが今日は金曜日。NYで大きなポジション調整があってもおかしくありません。
気を引き締めていきたいと思います!

↓良かったらシェアしてください♪

フォローお待ちしてます!