2018年5月16日の相場

※ドル円 5分足(200MA) クリックで拡大できます

5月15日の振り返り

東京市場

高値109.78 安値109.65と10pipsしか動いていませんでした。
酷い相場です・・・。
底堅く推移しているドル円は、本邦実需勢の買い・米系短期勢の買戻し、
さらにはオプション絡みの買いが観測されたと
市場でささやかれていた模様です。

欧州市場

欧州早朝で109.80台を突破しましたが、
その後は高値圏でのもみ合いとなりました。
15時半頃には109.99まで上昇しましたが110円上抜けに失敗後は
109.80まで下押ししました。
ただ下値も限定的となり、買い意欲の強さが散見されました。

NY市場

NY序盤、20時過ぎに米長期金利の上昇に伴って買いが強まり
意識されていた110.04を上抜けるとストップロスを巻き込んで
一気に110.29まで上昇しました
勢いづいたドル円は27時過ぎには110.45と2月2日以来の高値を更新。
ただ、ミドル付近の買いや利食いなども入ったこと、さらには
「北朝鮮は軍事演習をめぐり米朝首脳会談をキャンセルする可能性を示唆」
との報道が伝わると110.24まで急落。
110円後半でもみ合いながらNYを終えました。

5月16日の相場戦略

押し目買い

昨日110円を突破してからの戻りがないため、
110.00前後まで落ちてきたら買いたいと思います。
(優位性を考えると109.90-80で買うのが一番ベストだと思います)
また、110.00前後はスキャルチャンスポイントでもあるため
短期売買をメインに行う予定です。

昨日の売り指値110.40は無事ヒットして、
利益が乗っている状態です。110.00手前で利食い予定です。
(ストップは建値)

本日の経済指標

重要指標はハイライトしています。

15:00 (独)4月独消費者物価指数(CPI)改定値
18:00 (欧)4月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
21:00 (欧)ドラギECB総裁 講演
21:30 (米)4月米住宅着工件数・建設許可件数

21:30 (米)ボスティック米アトランタ連銀総裁 講演
21:30 (欧)クーレECB理事 講演

22:15 (米)4月米鉱工業生産指数
23:30 (米)EIA週間在庫統計
23:30 (米)プラートECB専務理事 講演

未定 (欧)ポーランド中銀、政策金利発表(予想:1.50%で据え置き)
未定 (ブ)ブラジル中銀、政策金利発表(予想:6.25%に引き下げ)

本日もよろしくお願いします

今日はドラギECB総裁の講演、アメリカの注目指標も予定されており
動くきっかけとなりそうな材料が結構ありますね。
また、昨夜のように思いもよらないニュースが流れる可能性もありますので
NY時間は引き続きヘッドラインに注意したいと思います。

また、ちょっと気になっているのがガザ地区での衝突や
北朝鮮が「南北高官級会談を中止する」との報道が流れていること。
米韓合同訓練を「軍事挑発」と非難しており、それで会談をやめる!と
言い始めているそうですが、果たしてどうなるのやら。
昨日の米朝首脳会談キャンセルの話も軍事演習をめぐっての発言ですが
先日までの穏やかな北朝鮮はやはりブラフだったのでしょうか。
地政学リスクが再び市場に影響を及ぼす可能性もありますので
ニュースチェックは怠らないようにしたいですね。

↓良かったらシェアしてください♪

フォローお待ちしてます!