2018年5月11日の相場


※ドル円 5分足(200MA) クリックで拡大できます

5月10日の振り返り

東京市場

仲値パワーもあって109.91まで上昇するも、
一服後は売り圧力に屈して109.62まで下落しました。
ミドル付近の買いに支えられて、109.65-75付近でもみ合い。
東京市場は動きが本当に乏しいですね。

欧州市場

欧州勢は買いから入り、110.02まで上昇。
2回目の110円トライのため上抜けるかなと見ていましたが、
あっさりと叩かれ、その後は売りが強まり、
欧州終盤では109.29まで下落しました。

NY市場

欧州終盤、NY序盤で109円前半まで落ち込んだドル円でしたが、
その後は米長期金利の低下によって上値を切り下げ。
21時半に発表された4月米CPIも結果が予想を下回ったことが
材料視されて109.31まで下落。
(ミドルのストップも巻き込んだようです)
一服後は109.60まで戻すも戻りは弱く、109.35付近でNYクローズ。
110円トライに失敗した後の反動がかなり大きいですね。

5月10日の相場戦略

戻り売り

昨日110.02まで上げたときにはストップがかかるかと思いましたが
相変わらず110円の壁を感じました。
仲値の急落があったので売りそびれていますが、109円ミドル上は
さらに売り増し予定です。
108.65-50付近には本邦勢の買いが入っているようですので、
利確ポイントは108.80付近かな。
109円割れもなかなか厳しそうですが、
ストップも溜まっていると思われますので期待しています。

本日の経済指標

重要指標はハイライトしています。

17:30 (香)1-3月期香港域内総生産(GDP)
21:00 (ブ)3月ブラジル小売売上高指数
21:00 (印)3月インド鉱工業生産
21:30 (米)4月米輸入物価指数
21:30 (加)4月カナダ雇用統計
21:30 (米)ブラード米セントルイス連銀総裁 講演
22:15 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 講演
23:00 (米)5月米消費者態度指数(ミシガン大調べ 速報値)

本日もよろしくお願いします

仲値過ぎに109.50から109.19まで急落しましたね。
ニュース等がなかなか出ませんでしたが、
どうやらロイターが「日銀オペ減額の可能性」という報道をしたようで、
それに反応したようです。
(日銀オペは10時10分に発表されます)
ソースが確認できたのが10時5分頃でしたので
ドキドキして10時10分を待ちましたが蓋を開けてみれば、
前回と同様の結果で肩透かしでした。
(109.50付近にはストップもあったはずなので、
ニュースとストップロスを巻き込んだ動きでしょうね)
結局じりじりと戻している状況ですが、
ここでミドルが抑えられればサポレジ転換となりますので、
欧州・NYで再度下攻めがあるかもしれません。

↓良かったらシェアしてください♪

フォローお待ちしてます!