2018年4月26日の相場

※ドル円 5分足(200MA) クリックで拡大できます

4月25日の振り返り

東京市場

仲値を過ぎてから買い意欲が強まり、109.53まで上昇。
買い一服後は108.80レベルまで押し戻されるも、引き続き底堅く推移。
買いの勢い止まらないですね。
こういう時に値ごろ感で売ると大体死にます。
(何度も経験済み)

欧州市場

欧州序盤からじりじりと下値を切り上げていき
109.26と高値を更新。東京市場と同じように高値を付けた後は
利確等で108.97まで落ち込むも、ヒゲを形成して109円回復。
109円ミドルまで行きそうな感じを受けました。
とにかく買いが強い。こういう時に(以下略)

NY市場

NY勢も結局買い意欲が旺盛でキレイに上昇を続けました。
ダウ平均や日経先物、米長期金利も3.02%と堅調に推移している影響で、

ドル円も引け間際の5時半過ぎに109.45と高値を更新しました。

引け間際まで上昇を続けているのは珍しいですね。

4月26日の相場戦略

押し目買いしか言えないよ・・・。

そろそろ上値も重くなってくるのではと思っています。
109円ミドルは価格的にも売られやすいポイントのため。
と言ってもトレンドがしっかり出ているので、110円を試す可能性も
大いにあるため、抵抗に引き付けて押し目買いが優位性が高いとみています。

しかし、そろそろ何も考えずに買いを入れる人も出てくる頃合いですので
この人たちのロスカットを頂こうと考える大口も現れそうな予感がしています。

本日の経済指標

8:50   (日)対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
10:30 (豪)1-3月期豪輸入物価指数
15:00 (独)5月独消費者信頼感指数(Gfk調査)
16:30 (欧)スウェーデン中銀、政策金利発表
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)定例理事会、終了後政策金利発表(予想:0.00%に据え置き)
21:30 (欧)ドラギECB総裁、定例記者会見
21:30 (米)前週分米新規失業保険申請件数
21:30 (米)3月米耐久財受注額
26:00 (米)米財務省 7年債(290億ドル)入札

27日5:00  インテル第1四半期決算
27日5:01  アマゾン・ドット・コム第1四半期決算
27日5:09  マイクロソフト第3四半期(1-3月期)決算

日銀金融政策決定会合(1日目)

本日もよろしくお願いします

朝、トランプ大統領が金正恩委員長のことを「立派な人だ」と
褒めたたえたというニュースがテレビで流れており、「?」マークで一杯でした。
調べたところ、フランスのマクロン大統領の会談でそのように述べたそうです。
前までは「リトルロケットマン」だの散々皮肉ってきたと思うのですが
米朝首脳会談を控えてゴマ摺りでも始めたのでしょうか。
相変わらずトランプ大統領の二転三転する言動に辟易します。
相場はすでに理解しているようで、そのようなニュースが流れようとも
ピクリと反応していないところがさすがというか・・・。

本日は米関係の大きな指標はありませんが、アマゾンやマイクロソフトなどの
決算が控えており、発表される時間帯は商いが薄いこともありますので
ポジショニングには注意したいです。

サプライズ大好きドラギECB総裁のありがたいお話し(=定例記者会見)もありますので

ユーロドル等ユーロを触っている方は要注意です。

夜中はスプレッドが開きますが、業者によってはスプレッドが0.4だったりするので
スキャルの練習にはもってこいです。

私が使っている業者についても近日中に記事にします。

↓良かったらシェアしてください♪

フォローお待ちしてます!