米雇用統計は結局行って来い相場

今週もお疲れ様でした。

12月相場は一番難しい時期と言われているそうですが、今週のみなさんはどうでしたか?

昨日は雇用統計時に余計な取引をしてしまい、微損に終わりましたが今週も何とか生き残ることができました。

★★★2017年12月8日相場振り返り★★★

アジア&オセアニア市場

・午後、日経平均が300円超高。相変わらず日経は元気ですな・・・。

・ドル円はじり安展開。米長期金利の上昇や株価好調を受けた結果でしょう。

・ポンドがどったんばったん大騒ぎ。EU離脱交渉で合意したことを受けて円売りポンド買いが出たものの、その後は材料出尽くしで円買いポンド売り展開にチェンジ。それが落ち着いた後は、株高を支えに再び上昇。ポンドはさすが殺人通貨ですね。約70pips下がって約80pips上げている。

欧州市場

・米雇用統計を控えてもみ合いの展開に。欧州からは様子見ということで動きが鈍くなりますね。

・ポンドは材料出尽くし感からか、ポンド円はジリ下げ基調に。これでドル円も連れて下げると思っていましたが、あまり下げませんでした。

NY市場

・11月米雇用統計は、非農業部門雇用者数が、22.8万人と予想の19.5万人を上回ったものの、平均時給が前月比0.2%上昇と予想の前月比0.3%増を下回りました。

・ドル円は最初は上で反応したものの、平均時給の結果を受けて113.12まで下落。とは言え、113円前半は買いたい人が多かった模様で、結局行って来い相場となりました。112円に突っ込むかと予測していましたが、手前で反発。

・ユーロドルは米雇用統計発表後に上昇し、一時1.1772付近まで。1.18-1.16のレンジ相場中。

来週は14日にFOMCがあります。今年最後の大相場になるといいなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする